プリザーブドフラワーギフトのアトリエ・ルシェル

トップに戻る 商品一覧 オーダーメイド ご注文方法 ルシェルからのお知らせ お問い合わせ


〜プリザーブドフラワーのお取扱い方法〜
 

プリザーブドフラワーは直射日光、水、湿気には弱く、退色や色移りの原因となります。

お花を大事に思うあまり、ほこりを気にしてセロファンラッピングやクリアボックスに入れたまま飾っておいたら、カビが生えてしまった・・・というお話もよく聞きます。
あるお客様は、クリスマスリースを防虫剤を入れた収納ケースに入れて大切にしまっておいたら、変色してしまったといいます。
別のお客様はクリスマスリースでも一年中壁に掛けたままにしておいたら、1年経っても購入時のままきれいな状態だったと言います。
湿気を嫌うプリザーブドフラワーは、ラッピングを外し、風通しのよい場所に飾っておくのが一番良いようです。

5年ほど前のアレンジがアトリエにありますが、風通しのよい日陰の室内に飾ってあるものは、特にほこりや変色も目立たず、今もきれいなままです。
湿気は禁物…といっても、極端な乾燥も花びらがひび割れてしまいますのでご注意ください。

ホコリがついた場合はドライヤーで離れたところから風を送るか、毛の柔らかな筆や羽根ほうきなどでさっと拭ってください。

通常の状態での観賞期間は半年〜2年ほどですが、環境が良ければ5年以上きれいな状態が保てます。







 
Copyright (C) 2003-2015 L'Ciel. All Rights Reserved.

SEO対策